フルーツを常備する生活

フルーツを常備する生活

フルーツを常備する生活 フルーツといっても季節により様々で、ビタミンでもカロテン、ビタミンA、C、鉄分が豊富な果物もあればカリウム他果物によって含まれる栄養素は違いますが、どの果物にも美容にかかわる成分が含まれていることに変わりはありません。また、最近よく話題になる酵素、こちらも果物で補給できるかと思います。

食生活の偏りや、お肌の疲れ、健康が気になった時にもともと好きだった果物の摂取を積極的に始めました。毎日必ず1〜4種類程の果物を常備して、熟れ具合と体が必要としているもの、その日に食べたいと思う食感や食材のお腹への重み等を考えながら一日一回は摂取するようにしたのです。そうしたら、お肌の疲れた感じが少しよくなってきてまだ果物の新鮮さが気持ちをうきうきさせてくれました。

酸味もあり、甘みもあり、瑞々しさもあり、体にもすっと入っていくように思います。体調を壊したときにはりんごだったりバナナ等が食べやすいかもしれません。食欲のないときでも果物は意外と摂取できますし、体調も整えてくれるので本当にお勧めです。その時々の季節ごとに種類が変わるのも楽しみの一つとなりますし、数種類の果物を常備しておくと体の調子に合わせて選べて便利です。野菜不足の献立のときの一品としてデザートに登場させることも出来ます。果物から自然な状態でビタミンや酵素を取り入れることをおすすめします。